さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


 › かっちかっち › 2019年09月15日

2019年09月15日

頂き物 松江の和菓子



お友達が 足立美術館に行ってきましたと
お土産に松江のお菓子を 持ってきてくださいました

中に求肥の入った「若草」です

おいしく頂きました

丁度 涼風が吹き始め
和菓子と お茶が似合う季節になろうとしています

一足早く お茶と和菓子を楽しみました

秋来ぬと 目にはさやかに見えねども
  風の音にぞ おどろかれぬる
     (古今和歌集 藤原敏行)

  秋立つ日(立秋)の歌ですが
  やはり 風の涼しさを腕に感じる頃に
  この歌を 思い出します

話がそれますが・・・
私は 5人兄妹で 育ちました

兄4人と バカ妹一人
全員 同じ県立高校にかよい
全員 同じ 古文の先生の授業を受けました

長じてからも 同じ先生にならったことで
兄弟間のなんでもない話題が 通じやすかったような気がします

少し涼しくなると
「いささむらたけ」だね~~~などと 

くだらないと言えばそれまでですけれどね

# わが宿の いささ群竹 吹く風の 
       音のかそけき この夕べかも
          (万葉集 大伴家持)    #

ところで
現在 日本の古典など
どれくらい 学校で 教えられているのでしょうか・・・

我が子が それほど習ったようには思えません・・・

今頃になって 気がつきました

余分な授業??? いやいや いやいや
日本文化でしょっ!!!

話をもとに戻して
おいしい お菓子
ごちそうさまでした (*^_^*)




  


Posted by かっち at 21:45Comments(0)徒然記